顔 むくみ サプリ

なぜ顔がむくんでしまうのか?

顔がむくむ原因とさまざまな要因

顔のむくんでしまうのは、さまざまな原因があります。

それが一つではなく、複数の原因が重なることもあります。
物理的にいうと、顔の皮膚の下の組織に余計な水分がたまってむくむことになります。
本来は少しは水分があるところですが(張りのある肌は水分が多いといいますが)、余計な部分にたくさん水分が溜まってしまうと、むくみなってしまいます。
むくむと言えば、重力の関係から足に多い症状ですが、重力とは関係なく、心臓から遠い顔もむくみやすいと言えます。
顔がむくむのは、朝から午前中くらいまでです。
すなわち寝ている間は、重力に関係なく顔に水分がいきやすいと言えます。
ただし、健康な方であればむくみは引いていきます。顔のむくみは夜寝ることで起きます。
でも、それには、いくつかの要因がなければ、簡単にはむくみにならないです。

 

お酒を飲んだ次の朝は、特にむくみが多いですが、アルコールを摂取すると、血液中のアルコール濃度が高くなります。
血管が拡張し、血液の働きが良くなって、静脈やリンパが水分処理ができなくなって、余計な水分が顔に生き、むくみます。
塩分をとりすぎると、ナトリウムの代謝をすることで、体内の水分が集まって、喉も渇きます。
余分な水分が増えむくみが進行します。
塩分を排出するためのカリウム、代謝に必要なマグネシウムなどが足りないと、むくみやすくなります。
新陳代謝の低下により、血行が悪くなりますから、運動習慣はつけたほうが良いです。