顔 むくみ サプリ

顔むくみサプリ|人気ランキングNo.1はコレだ( ´∀` )! > 顔むくみの原因 > 朝起きたときに顔がパンパンになりやすい理由

朝起きたときに顔がパンパンになりやすい理由

朝の顔のむくみで考えられること

 

朝起きたら、顔がパンパンにむくむ。

原因はいろいろありますが、少なくとも、皮下に余計な水分がたまっていることを意味します。
朝のむくみはほとんど起床の時に感じることが多いですが、これは紛れもなく、前の夜のツケになります。
起床時に顔がむくむのは、前夜の飲酒、塩分・水分の取りすぎなどが考えられます。
どれか一つでも心当たりがある場合には、原因はそのことです。
皮膚の中でも真皮部分に通常以上に水分を抱え込み膨張していて、パンパンにむくんでいることが考えられます。
寝ている姿勢で、うつ伏せ寝の方は、その頻度がとても多いとも言われています。
ただし、上記の理由の場合は、数時間で、むくみが解消されることが多いです。
寝ている姿勢から起きた姿勢に変わることで、水分がだんだんと下に下がっていくこと、動くことで、排出されていくことで解決します。
しかし、同じペースでお酒を飲んでいても、顔のむくみがない方もいらっしゃいます。
そのような方は、体内の新陳代謝が良いことが考えられます。
日頃からの運動習慣、ストレスの有無などが関係しますが、血行が比較的良い方は、朝の顔のパンパンのむくみも少ないとされています。
要するに、寝る前にある程度の血液循環を良くしてから寝るとか、お風呂に入って、新陳代謝を促進させるようなことをすることでむくみの予防ができます。
塩分や水分の摂り過ぎを注意するに越したことはなんいのですが、なかなかそれが出来ずに、むくみが気になる方は、必ず何等かの対処をしてから、寝る習慣をつけて寝るようにしてみましょう。